噛み合わせや虫歯等を放置しておくと体調を崩しやすいので注意!

>

原因不明の体調不良はもしかして歯が原因?

長い間、肩こりや腰痛、頭痛等に悩まされている人はいませんか。
疲れているせいなのか、姿勢が悪いせいなのか色々考えると思いますが実は原因が歯だったなんて場合もあります。

歯と体、結びつくようで案外気づかないで過ごしている人は沢山います。
原因不明の体調不良で悩んでいる人は虫歯や歯周病になっていませんか。
また、噛み合わせが悪いのも注意が必要です。

口の中にいる細菌には体に害のあるものもあるので、それが全身にいってしまうと病気にかかりやすく健康に影響を及ぼすのです。

また、噛み合せに関しては細菌とは違い骨なので別の方向から体調不良を引き起こしています。
噛み合わせのせいで起きる体調不良には色々な体の部分に痛みの症状が現れるのが特徴です。

偏頭痛持ちや、長年腰痛と肩こりがある人にとって自分の噛み合わせが悪いなんてどうやって気づくことが出来るのでしょうか。
もっと詳しく、歯と健康について考えてみましょう。

虫歯が多い人は不健康になりやすい!

全ての病気の原因が歯でなくても、口の中にある細菌のせいで病気になる事は多いのも確かです。
虫歯になりやすい人は特に注意しなくてはいけません。

痛みがあれば、直ぐにでも治療をしなくてはいけませんが気づかないで虫歯になっている歯を放置しておくと細菌は増え続け歯を駄目にしてしまいます。

歯だけではなく菌が体内で悪さをすれば病気になりやすくなるのです。
毎回の様に風邪を引く、胃腸の病気になりやすくなるなど症状は人それぞれです。

小さな虫歯が大きな病気のきっかけになってしまう可能性があるのです。
虫歯は小さくても早めに治療をする、口内環境を清潔に保つ、歯磨きをこまめにするなどの対策が重要です。

疲労感や虚弱体質、肌荒れや口内炎、原因不明の体調不良には歯の健康を改めて見直す必要があります。


口腔内トラブルを放置しておくと健康に影響

この記事をシェアする