噛み合わせや虫歯等を放置しておくと体調を崩しやすいので注意!

>

噛み合わせが悪いと健康にも影響します!

噛み合わせが悪いと何故、健康に影響を与えるのか考えてみましょう。

噛み合せの悪い歯でいる時間が長ければ長い程、顎に負担を与えます。
顎の骨が正しい位置ではないと、その分、顎の骨を支えている関節にも変な力が加わり歪みが生まれます。

噛み合わせが悪いだけで体全体の骨のバランスも悪くなってしまうのです。
言葉にすると難しいのですが、例えば土台がしっかりしていない所に家を建ててしまった場合、最初は平気でも月日が経てば土台はゆっくり崩れていき、土台の上にあった家は傾きバランスをなくして倒れます。

それを歯として考えると歯の噛み合わせが悪いだけで、少しずつ体の骨がバランスを崩していきます。
人間の場合ですと、崩れないに筋肉が骨を支えようとしますが無理な所に力がはいってしまうので血行も悪くなり原因不明の痛みを出してしまうのです。

体にとって噛み合わせはとても深刻な健康問題と言えるでしょう。

自分の噛み合わせをチェックする方法

大人になるまで自分の噛み合わせが悪いと気づかない人は沢山います。
肩こり、腰痛、頭痛など長年悩まされている人は自分でも確認できる噛み合わせのチェックをしてみましょう。

鏡を見て、歯をしっかり確認してみると歯並びがガタガタしている所はありませんか。
八重歯みたいに歯の列から外れている歯はありませんか。
いつも物を噛む時は片側だけで食べてしまう、歯ぎしりを自然にしてしまうなどの癖はありませんか。

他にも色々なチェックがありますが、いくつか当てはまる人は噛み合わせに問題があるかもしれません。

噛み合わせが悪くてもご飯を食べるのにも支障はないし、特に困っていないから平気と考えて放置してしまうと、顎関節症を引き起こす場合もあります。

顎関節症は人それぞれ症状に違いがあります、症状が酷いと口を開けるのも大変です。
そんな辛い思いをしない為にも噛み合わせの悪さに気がついたら即治療をおすすめします。


噛み合わせが悪いと体全体のバランスを崩しやすい

この記事をシェアする